まれーの書き留め

格闘技や趣味について、ただつらつらと・・・

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バックキープも効果はなし?

ベンソンVSトムソン
うまいトムソン、強いベンソンという印象。5R通じてトムソンのバックを奪う技術の多彩さに感服。動き続けたいベンソンには本当にストレスがたまるまとわりつきというか。右手親指を骨折しながらの闘いでしたが、「こうゆう闘い方もあるぞ」という技術はさすが大ベテラン。効率のいい方程式的なファイトスタイル構築前から闘ってる選手だからこそこうゆう引き出しがだせる。ただあのバックを奪ってる時間にもう少し細かいパウンドを絡めなかったかな?という部分が残念。一本取りにことを優先するにしてもパンチ打たなさすぎ。それだけ骨折箇所が痛かったということなのか。打ってるように見せるだけでもあのバックキープの時間があれば勝ってたように見えましたけどね。正直もったいない。
 逆にベンソンはまさに近代MMAの無駄のなさを代表する一人らしい闘いぶり。スタンドでは手数で必ず上回り、前に出続け、数少ないテイクダウンで上を取る場面でも最大限に殴りにいく。北米MMA=手数最大評価、次にダメージ、ということを理解しているからこそ一発でも多く当てにいくし、できるなら強く当ててるように見せる。そしてライト級ではトップクラスの体力を活かして動き続け押し続けるからこそ僅差の接戦になった時「どちらかといえばベンソンのほうが力強かったな」という印象で勝てるように感じます。

 メディア・選手・関係者内の声ではトムソン勝ってた、という声が多く聞こえましたが、それこそ北米規定に沿えば手数で勝るベンソン優位だったと思うし、バックキープ時間にトムソンが削る作業をしなかったからこそベンソンも無理に振りほどかず時間をかけて脱出したように感じます。
 バックを取る・取られるという状態も基本的に通常のテイクダウン後のガードポジションの状態と変わらない、ということが判明した試合(少なくとも現在のアスレティックコミッションのジャッジとしては)。選手間の評価の中で「トムソンがコントロールしていた」という声が多く聞かれた。選手の中ではバックを奪うということがいかに大変か、労力がいるか、がわかっているので当然評価してほしい部分だからこそこうゆう声が大きくなるのだろうし、僕も個人的に評価してほしい部分ではある。ボクシングのジャッジが未だMMAの明確な理解がないままこういった判断を下してる今、こういった問題提起をだし続け、MMAとアスレティックコミッションの間でより明確な「MMAの規定」を構築するしかないのが現状。どちらかに一方的な非があるわけではないと感じるだけに、選手が1番の被害者であることを運営する側が真剣に考え、目の前の損得を抜きにして改定に努めてほしいものです。向こう10年、20年のMMAの為にも今損して後で得を掴めるようにしろよ、と。

 トムソンが序盤で右手親指を骨折し片手で闘い続けたことで「俺は片手でベンソンをコントロールした」と豪語したが、これはどうだろう?と思う。おそらく1R開始早々のハイキックをブロックした際に異常を感じたと思われるが、ようはブロックしきれず、後の試合に大きな影響を与えるようなダメージを受けてしまったってことでしょ?ブロックしきれないほどの蹴りを放ったベンソンを褒めるか、自分のミステイクを嘆くか、ならわかるが少なくとも「俺すごいでしょ」という考えにはならないはずだけど。トムソン応援の自分でもちょっと理解できないな。

 それにしてもベンソン擁護の声が特に選手間に少ないのは不憫にすら感じる。「アイツはまたジャッジに救われた」的な声が多くてあまり選手間で彼のファイトスタイルは評価されてないんだなーって感じる。
 たしかにファンタスティックなスタイルではない。悪く言えば体力任せで圧力と手数で「攻めてるように見せ続ける」スタイルとも言える。アルドやペティスのように一発で勝負決定づけるような打撃ではないし、JJのような戦局ごとに闘いを使い分けできるような天才でもない。アンデウソンのようなミラクルな蹴り技もGSPのような相手を相手を制圧し続ける安定感もない。
 しかし5Rフルに動き続けられる体力と確かなレスリング力で多くの相手をテイクダウンし、逆にテイクダウンを防げる技術はある。スタンドの評価の高かったメレンデスやネイト、エドガーと五分に渡り合える打撃も持つ彼が評価を下げるような闘いをしたとは思えない。
 逆に言えばUFCという最高峰において負けないスタイルを身につけてることは忘れてはならないポイント。彼を努力型の怪物と言った人がいたがまさにその通り。みんなにベンソンみたいになってほしいとは全然思わないけど(笑)、彼ぐらいの万能な力もかなり稀有な存在だとは思います。

スポンサーサイト

小さな決断

昨年末、約9年契約してきたCS放送のサムライTVを解約しました。
近年格闘技の放送が激減な上ニアライブもなくなり、放送しても大会10日~2週間後に放送など、そのやる気のなさにさすがに幻滅。迷いなく解約の運びとなりました。
 たしかに国内の総合格闘技需要はかなり低下しましたが、元々プロレス・格闘技というジャンルはコアなジャンルじゃないですか。それでも格闘技見たい!っていうファンの為にもうちょっと気概を見せるのが専門チャンネルのプライドじゃないの?というのが私の本音。
 それにこれだけプロレス寄りになるなら看板から「格闘技専門チャンネル」の部分は消すべき。Jスポが修斗中継やめてからもその後の中継引き受けた功績は認めるが、放送内容の質や情報番組の手抜きっぷりはひどくなる一方。あまりここが良かったというところを思い出せないです。
 この解約により以前から検討していたFOXbs238と新契約。これでFOX系・UFN系のUFC大会を観戦可能になりました。今後国内MMAを見れなくなったわけですが、これも時代の流れかなと感じます。

新年書き始め

年末年始のUFCの大会をまとめて。
 アンデウソンの衝撃的な敗北には絶句の一言。開始早々のスタンドでの攻防観ても「あれ?」というくらいかつてのプレッシャーを感じない。オーラがないのだ。なんというか「今回はミスをしない」という意識が見てとれて、かつての不遜な態度まるだしの強者だけが持つ「俺のやることを黙って見てろ」的な自信にあふれた佇まいとはかけ離れた、普通の選手に見えた。
 私はてっきり今回もあのやかましいほどのフェイントやノーガード挑発をやると思ってたんですが。アンデウソンも人の子だったか、いや、アンデウソン陣営の過剰なまでの慎重さが逆にアンデウソンの良さを消してしまった印象。
 案の定、余計なフェイントがないことでタイミングを計りやすくなったワイドマンがあっさりとテイクダウン。マウントまで奪って1Rで決着がついてもおかしくないほど攻め込む。巻き返しをはかった2R、安全圏から手数を増やしたいアンデウソンがローを中心に削りにいく。これはなかなか効果的に見えた。実際ワイドマンは徐々に体が流れていたし。しかしワイドマンにしてみれば想定内の動きだったように感じる。しっかりローをカットし、タイミングを見てテイクダウンにいこうとしていたはず。その矢先、あのカットによる足の骨折があったわけだ。
 ワイドマンは強かった。オーソドックスなボクシング&レスリングを無駄なく駆使する。面白味の少ないスタイルだが、大崩れのない安定した実力を持っている。またアンデウソン相手に2度も自分のスタイルを貫いた気持ちの強さこそ最大の持ち味か。
 アンデウソンが復帰できるかは年齢的にも微妙だが、願わくばあの誰にも真似できない眩惑的なフェイントからの華麗な打撃を今一度見たいと思う。

 年始1発目のシンガポール大会では川尻達也がUFCデビュー戦で見事な1本勝ち。約1年ぶりの試合、加えてここ数年の極端な試合数の減少により、試合勘のズレもあって序盤は距離が掴めず苦戦したようだが、そこを乗り越えてのチョーク葬!アメリカの無敗の新鋭を貫録で返り討ちにできたのは大きい。14位とはいえ1戦でランク入りしたのも内容と期待の表れだろう。
 ただ今後対戦が予想される中位ランカーは今回の相手以上にテイクダウンディフェンスに優れスピード感ある動きができる選手揃い。慌てず1戦1戦研究し一歩ずつ慎重に階段を昇れたら、と願う。

UFC168

ちょっと前になりますが、UFC168のウェルター級タイトルマッチは僅差でしたね。 なんかジョニヘン勝ってた、という声が多い気がするけど、俺はラウンドはGSPがとったかな、という感じ。最終R、ジョニヘンは取りにいくべきでテイクダウン防御で時間取られすぎた感じがしましたね。
とはいえかつてこれほど追い詰められたGSPは見たことがなく、ジョニヘンの強さが目立った試合。一撃必倒の左ストレートを随所に絡める為、GSPは踏み込んだスタンド戦が出来ず、また過去幾多のレスリング巧者を寝かせてきたテイクダウンが通じないという苦しい展開。ジョニヘンのスタイルはDー1レスラーが強打のパンチを持つというシンプルながらその2つの武器が強力かつ連動しているため、なかなか打開策が見出だせないやっかいなもの。スタンドでヒット&アウェイで手数勝ちするか(最終的にはGSPはこれで勝った感じ) 、テイクダウンをどうにか取って下からの技術は多くないジョニヘンを寝かせ続けるか、今のところこれを実践できる選手がいれば?攻略できるかな、という感じ。

もうひとつのウェルター級ランキング戦、ローリーVSローラーも興味深い一戦だった。この試合も実はメインと似た内容だったが結果は一発を持つローラーがダメージの印象で上回り、上位ランカーのローリーを下した。
GSPのジムの後輩でスタイルも継承しているローリー、一発の破壊力ならジョニヘンにひけをとらないローラーとメインの二人と似た二人の対戦だったが、似ているとはいえローリーの技術・実力はあくまでGSPの量産型バージョン。スタンド・テイクダウン・グラウンド、どれをとってもGSPを上回るものがない。BJペンを破ったその実力はたしかだがひとつひとつの対応に目を向ければ打開策は見つかる。ローラーにはジョニヘンと比べレスリング力は格段の差があるがテイクダウンさえある程度防げれば、スタンドで幾つかクリーンヒットを当てればまとめて打撃を集中できる時間を作れてKO、もしくはダメージの印象で上回れる算段だったのだろう。実際ダウンに近い場面を作り、金網際に押し込んで細かいアッパーやフックを打ち込んだ。この辺はキャリアの差がでた。元々ストライカーで際の技術に優れ、破壊力もあるローラーだけにハメた時の強さはさすが。逆にローリーはパターンで勝つ方法に頼りすぎ。これなら負けないという武器をひとつ身につければ
チャンピオンシップでもやれるのでは。
ローラーはUFCでプッシュされてるローリーを下したことが番付が大幅にアップ。TUF以前に一度リリースを経験し、違うプロモーションで経験を積んできた苦労人。ストライクフォースでもトップコンテンダーとして活躍してきたが、復帰戦での豪快なKO勝ちでランキング入りし、2戦目でトップグループ入りは素晴らしい。
その後、王者GSPの休養&王座返上となり、来年3月にジョニヘンとローラーの間で王者決定戦が決定。強打を誇る両者だがテイクダウン力に差があるだけにローラーには下になってからの対応力が鍵。また5R戦を経験したジョニヘンにはファイトプランの構築にも1日の長がある。ジョニヘン有利とみる。

指導者講習会に行ってきました 後編

 さてこの講習会、参加者は様々な競技の指導者が集まりました。野球・バレー・バスケ・サッカー・そして私も指導するソフトテニスなど。大学で競技を続ける大学生も休みを利用して参加するなど、やはりこの中野先生の知名度・指導力相当のものです。他には競技をしている生徒の親の参加もあったようで(もちろん指導に関わっている方々ですが)、今の時代親の熱心さも重要だよなと思い知らされる。
 余談ですが近々40歳を迎える私の中高生時代、野球・バレー以外で親が地元の大会に応援に行くのは稀でした。周りがあまり行かない風潮があったということもありましたが、正直興味がないという雰囲気を感じました。特に僕達の競技は親の目(私の親は同じ競技してたので協力的でしたが)から見ると「野球部はきついからやめて、真面目に部活がやりたくない連中が集まる部」というこちらからすると不愉快な気分になる見方をされてたようです。中には面と面向かって「どうせテニスだべ。テキトーにやってんだべ」という言い方をした親もいました。僕は正直その人は恥ずかしい人だなと今でも思ってます。毎日夜遅くまで練習して家に帰る息子の姿を見てもこんなこと言ってる神経っておかしいなと。
 今は逆に親が部活に介入し過ぎる、かまい過ぎるという問題が取りざたされることが多いですが、それでも僕は今の時代の方がスポーツに理解がある親が増えていいと感じています。偏見がなくて子供のやりたいことに協力したいという姿勢は素晴らしいですから。

 話を戻します。2日目の前半の実技講習が1時に終わり昼食。昼食後復習のあと模擬テストを行うことに。約20種類教わったストレッチを先生が言った部位ごとに行う形式。
 「広背筋」「三角筋」「僧帽筋下部」など先生から指示がでます。ところが・・・
 言葉で言われると頭の中でなかなか漢字変換ができない(笑)。上腕二頭筋、分かりますよ、目で字を読めば。ところが言葉で言われてしかも明日のテストで出る、という緊張感のなかでは「ジョーワンニトーキン」になってしまうのです! ソーボーキンジョーブ?ナイテンキングン?そんなのやったけ?ダメだ全然漢字変換しない。俺の頭の変換ソフト、どんだけ旧式なのよ!まあ中には大腿筋膜張筋みたいに変換できたとしてもそれでも、どこ?という箇所もありますが。

 右往左往しながらなんとか必死で憶えていきます。実は周りの人も似たような苦しみを感じていたらしく安心しましたが。ただ不思議と嫌になったり飽きたりしないんですよね。むしろすごく面白くて楽しい。本質的に興味があることなので「もっと教えて」というテンションになっている。「テストに合格したいからやる」ではなく「今教わってること自体に興味があるからやってる」から飽きないんですよね。ちなみにこうゆう状態を「内発的動機付け」されている、ということを昨日の講義で教わりました(笑)。

 その後、アイシングの重要性や熱中症の対策などの講義、バランスボールの使い方などを教わり6時で実技終了。夜は一般参加の方も含めクイズ形式で栄養学を学びました。

 終了後、講師・メーカーの方を囲んだ食事会があり参加。講師の方々から貴重なお話を教えて頂きました。とにかくこの中野先生、どんな話にも丁寧にこちらが聞きたいことに真摯に、ユーモアに答えてくれる(本人は褒められるのが好きではないそうですが)。我々以上に長旅も含め疲れているはずなのに徹底してしっかりとした対応。一流のプロなんだな、と感動。こりゃ絶対明日は合格したいと決意する私。とはいえここまでの満足度と疲れで思わずビールを注入!気持ちがややお調子者モードに。ぜひまた次回もこういった講習会をお願いします、と発言するとメーカーの担当の方が「それは明日の皆さんのテストの結果次第ですよ」とニッコリ。
 「いや、明日は全員合格しますよ!」と勢いに乗って話すと

 「私は合格率2割とみてますけどね」

 一瞬息を呑む一同。酔いが醒める醒める。そうだった、甘くないって言ってたじゃん。何俺アルコール飲んでんの?馬鹿?馬鹿でしょ。馬鹿だよね、俺。

 11時頃、解散。帰り際、メーカーの方(ちなみにキリっとした女性の方)が「話を折ってすみませんでした。そこまで先生は厳しくないとは思いますよ」と言ってくれましたが、とにかくこのまま酔いに任せて寝る場合じゃないことは確か。結局家に帰って2時半まで勉強し直しました。家が近くてよかった。

 そして勝負の3日目。朝会場に着くと皆当然の真剣モード。ヤバイぜヤバイぜの全員出川状態。試合の時もそうだが負けるのが恐いのではない、力を発揮できないのが恐いのだ、出し切ろう、などとちょっと気取ってみる。

 いよいよテスト。内容は詳しくは言えませんが、予想通りの出題形式。みな厳しいなとつぶやく。私は4番目。腹をくくりいざ出陣。緊張したもののまず力は出し切れたと感じる。やりきれた。

 全員のテストが終わったのが約1時間後。しばしの時間が過ぎ、別室にいた講師陣が部屋に入って来ました。
労いの言葉を話した後、中野先生より「今回は第1回ということもあり、厳しめの採点にしました」と。
おう、そうゆうことは後から言ってくれませんか。心がすでにおれそうです(泣)。

 一人づつの結果発表。次々と発表される。遂に私の順番。ここまで合格者はわずか1人。息をのむ。
 「まれーさん、・・・・おめでとうございます」

 やった!やったよ!俺凄い!自画自賛!

 なんとか合格しました。結局前日の予告に近い2割ちょっとの合格率。明らかに私より知識や経験のある方もわずかなところで合格ならずという厳しい内容でした。それだけに正直うれしさは相当のもの。先生より今後も研鑽して更に上のレベルの講習に挑戦してほしい。協力します、とのこと。

 子供達の大会を帯同せずに挑んだ講習会だけになんとか面目は立ちました。甘ちゃんまれーとはいえ、責任感もってこの経験を還元していきたいと思います。駄文、長々と失礼しました。


プロフィール

まれー

Author:まれー
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。