まれーの書き留め

格闘技や趣味について、ただつらつらと・・・

 
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
04


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UFC145 Lヘビー級タイトルマッチ JJ VSエバンス

 序盤エバンスにも面白いヒットがあったんですけど、流れを一気に持って行ったのはJJのヒジ。あれでエバンスは手数がぐっと減って主導権を最後まで持っていかれちゃいました。
 エバンスの的確なパンチは幾度かJJをとらえたし、JJが誤魔化したけど何気に効かされた場面もありましたよね。JJもスタンドのボクシングの攻防においては必ずしも絶対ではないんですよね。前回闘ったリョートカウンターをうまく駆使して「面白いんじゃない?」って場面は作った。
 でもその都度有効な引き出しを見せちゃうのがJJ。今回は前蹴りでの遠い間合いでのヒットだったり、近距離での肘だったりがそれにあたる。色々な距離で危険な武器があり、リズムも様々。そもそもリーチが長くてスピードもあるわけで。
 正直ライトヘビーはJJがチャンピオンになってお手上げな状態。黒人特有のバネ・身体能力というよりも違う生物なんじゃない?というほど動きが素晴らしいJJ。誰に似ているかといえば僕はアンデウソンだと思う。発想が自由で学んだ技術を試合中に全部だせるほどに身につけている。回転バック肘とかバックスピンキックとかジャンピングキックだったり、他にもやる選手はいるけど、はっきり言ってそのほとんどはフェイントや奇襲の域を出ない。JJはそれらを使える距離になるとバンバン出せる上に確実に効果を見せますよね。そのコンビネーションに組み込みそう。アンデウソンでさえここまで使いこなすのに相当の年月と失敗があり敗北を経験してるのにJJは事実上無敗状態で作り上げたんだから驚きです。

 セミに出てきたマクドナルドもそうだけどMMAを異種格闘技ととらえることなく、ひとつの競技として最初っから認識している世代の中から更に選ばれた怪物だからこその動きなんでしょうね。

 次の挑戦者はダンヘン。圧倒的にチャンピオン優位でしょうが、一撃に特化した叩き上げのベテランの奇跡が見られたら痛快でしょうね。期待してます。

 

スポンサーサイト


プロフィール

まれー

Author:まれー
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。