まれーの書き留め

格闘技や趣味について、ただつらつらと・・・

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川尻VSトムソン

復帰戦で相当にキツイ相手が用意されましたね。

トムソンはUFCがライト級一時休止以前から上位で活躍していた強豪。古くはPRIDE武士道に参戦しアマゾンを下し、その後ストライクフォースでメレンデスを破り王座奪取。再戦で敗れたものの最近ではカルバンを接戦で下し非UFC系のライト級では紛れもないトップ選手です。特徴というと近年の総合トップ選手同様トータル技術の高さが目につく選手。スタンド・テイクダウン・グラップリングと穴は少ない。印象としてはフィジカルも身体能力も十分に持ち合わせていながら極端に特化した部分を作らず流れに逆らわずその場面ごとの引き出しで闘う感じ。どこが恐いというよりどこでも気が抜けないというプレッシャーでは川尻がこれまで下してきた強豪シャオリンやカルバンより上と見ていいはず。年齢的にそこまでベテランに見えないがキャリアは相当ある。いわゆる無駄を省いたトータルファイトをする以前のトータルファイターだから項目ごとに深さがあるのが強み。相当昔とはいえ柔術のトップクラスの実力をすでに持っていたアマゾンから足関で一本勝ちす
るなど引き出しの多さも侮れない。


川尻からすると安定しているスタンドで五分に渡りあい、得意のテイクダウンでトップの時間をうまく作れるかが鍵。基本いつもとやることは変わらないが、青木に壊された足首がどれくらい回復しているかが気になる。川尻最大の武器であるテイクダウン防御の高さがある前提で互角の相手。ここに不安を残すとグラウンドにたけている選手だけに苦しくなる。


川尻達也・最終章、早くも山場。青木に完敗したが、ここまでストライクフォース勢にドリーム勢が連敗続きの状況で迎えたNo.2対決は起死回生になりうる。どんな形でも勝ちに執着する川尻が見たい。
スポンサーサイト


Comments

どっちもレベルが高いオールラウンダーなのでどういう結果になるかなかなか読めませんね。

あと関係ないけど、ウィッキーが心配^^


Leave a Comment


Body

プロフィール

まれー

Author:まれー
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。