まれーの書き留め

格闘技や趣味について、ただつらつらと・・・

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UFC126

KID VS ジョンソン

見てて歯がゆい試合。遠い間合いから大きく踏み込むKIDをジョンソンがカウンターでテイクダウンするパターンが繰り返された。 この後の小見川の試合もそうだがなぜ自分からテイクダウンを取りにいく動きが日本人選手にはないのかな?ワンパターンの打撃オンリーでは相手を楽にさせるだけなのは分かりきっているように見えるのだが。
たしかにテイクダウン後に大きなアクションはさせなかったけどそれ以上にKIDも何も出来なかった。適性体重になって逆にKIDはスピードを活かせなくなった。というかバンタム級ではKIDのスピード・瞬発力は特筆されるものではないのがこれで証明された感じ。今後はますます厳しい。

小見川VSメンデス

こちらも完敗の内容。メンデスは動きも自在だし手数も多くいい選手だった。序盤から前に踏み込みたい小見川の出足をインローで牽制し遠い距離から動くしかない小見川をうまくいなしていた。ピーカブーで頭を振る小見川は完全なボクシングのインファイト狙いがバレてメンデスにはやることがわかっていた感じ。KIDも小見川も「何をしてくるか読めない」動きがなかったのが敗因。二人ともテイクダウンは出来る選手なのにまるで捨てているようなスタンドにこだわる戦術はもったいなく感じた。
小見川が下になった時アームバーを仕掛けたがあれでスイープをさせないメンデスの強さ、その後寝技を仕掛けられない小見川の苦しさが見えた。

まんべんなく出来るはずの小見川がスタンドしか仕掛けられないところに世界との差が見えた気がします。


アンデウソンVSビクトー
怪物健在。幾度か仕掛けたビクトーのパンチをすべてブロックなしでミリ単位でかわすアンデウソン。しかも目のフェイントだけで前蹴りを顎に的中させる正確さ。もう怪物・達人の類いでしかはかれない領域ですね。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

まれー

Author:まれー
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。