まれーの書き留め

格闘技や趣味について、ただつらつらと・・・

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒョードルVSA・シウバについて

ヒョードルがここ数年試合数を制限している間にMMAのレベルが上がったのは事実。だけど一番の敗因は本人の衰えだと感じる、いやそう思いたい。

元々ヒョードルは稀有な才能でウィークポイントがあるのに感じさせなかった選手だと思う。
回転の速いパンチとステップの速さが噛み合い、ヘビーとして小柄な体を感じさせなかった。ピンポイントでテンプルや顎を打ち抜く当て感を持っていた。実は打たれ弱いということは知られていたが自分から必ず先手をうちプレッシャーをかけられるからこそ相手に後手を踏ませ相手のチャンスを最低限に防いでいたと感じる。今回シウバはガードを固めヒョードルの打ち終わりを狙う作戦。ガードが甘いヒョードルには常套手段なのだが入ってくるヒョードルのプレッシャーに負けず引かずにブロックして瞬時に反撃に出れたことが大きかった。

それによりスタンドでイニシアチブを握れないヒョードルがちょっと安易に踏み込んできたところにカウンターのタックルを決めたところが勝負の最初の鍵を掴んだといえる。テイクダウン防御はうまいヒョードルだが実は相手のスタイルによって使い分けしている。テイクダウンはうまいがその先の攻めに乏しいレスラータイプにはわりとテイクダウンの攻防で無理をせず下になることが多い。自分の体のコントロールが抜群なので一見危険なマウント・サイドをあえて取らせてリバーサルや下からの極めを狙いやすいからだ。
逆にテイクダウンの能力は並みだが上を取られるとそこからのバリエーションが豊富な柔術系にはテイクダウンに細心の注意を払ってきた。ある意味反応の良さと体捌きの上手さという身体能力任せのヒョードルのグラウンドは理詰めの高度な柔術技術には相性が悪い。だからこそ2度にわたるノゲイラ戦では一度もテイクダウンを許さず、テイクダウン後もパスガードも最小限にしガード内でのパウンドに終始した。それもガード内で強いパウンドを打てるヒョードルの強みがあってこそだが。

初めて柔術の実力者に上を取られたともいえたヒョードル。それでもかつてのヒョードルなら身体能力を活かして素早くシウバ相手なら脱出できたと思う。しかし反応の衰えからその仕掛けのスピードが鈍り実行が出来なかったんじゃないかと感じる。シウバはパンチもありポジションのキープもうまかった。ジワジワとパウンドで追い込みマウント・バックと入れ替わるヒョードルの動きに余裕を持ってついていき、反転されるリスクがある位置までは踏み込まずに徹底的に削り、結果レフェリーストップに追い込んだ。

おそらくシウバはヘビー級のトップとまでは言えない選手。上位グループにはいるがスピードに乏しくフィジカルで対抗できるトータルファイターにはスタンドで苦戦するしテイクダウンにも苦労するだろう。ただヒョードルの持つウィークポイントを考えると体格差があり柔術が使えて圧力負けしないという特徴は大きなイニシアチブがあったし下降線を描いた現在のヒョードルには相性が悪かったと結果的に感じる。

感想としては来るべき時がきたんだな、という感じ。正直アメリカ進出したからにはUFCに上がって現在進行形の若いトップ選手と闘ってキャリアを閉めて欲しかったけど、UFCが隆盛を迎える以前にとっくに頂点を極めていたんだからこういう結果でもしょうがなかったかな、と。

ヒョードルクラスになるとスポンサーの兼ね合いもあって用意に引退という選択は出来ないんでしょう。試合後は引退宣言ととれる発言をしていたにも関わらず後日もう数試合やるかもしれないと撤回している。自分が選んだ道なのだからしょうがないが彼ほどの選手が晩年を汚すようなボロボロに消費される姿は見たくはない。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

まれー

Author:まれー
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。