まれーの書き留め

格闘技や趣味について、ただつらつらと・・・

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストチャンス

遂にメレンデスVS川尻が決まりそう。昨年青木に敗れた時世界への道が閉ざされたかに見えただけにこの上ない大チャンス。ホームとはいえ強豪トムソンを完封した結果は大きかった。

さて非UFCで最大の大物といえるメレンデスにどう立ち向かうか?簡単にいえば穴が少ないトータルファイター。立ちもテイクダウンも洗練されてるとは言い難いがなんだかんだで当てるし寝かすというのが強み。まさに総合が出来てる選手。川尻が一番気をつけなければいけないのはスタンドだと思う。メレンデスはリーチが長く中間距離では執拗にジャブをついてくる。ローもある。手数が多く自らのディフェンスの甘さをフォローしている。また接近するとフックの連打やクリンチアッパーがある。打たれ強さがあるので一見不細工に見える粗い攻めも効果がある。前回の試合では上回っていると思っていたはずの打撃で予想以上にもらってしまった印象がある。2005年以降の黒船参加以来、川尻の打撃は確かに上達したが上位との対戦で効果的なスタンドが出来たのはカルバン戦くらい。どうしてもハンドスピードが足りないし被弾も結構する。読みづらくリーチが長いメレンデスとなると苦戦は免れないと予想。

やはり勝負の鍵はテイクダウン。差し合いからの外がけを得意とする川尻にとって金網際の攻防がテイクダウンチャンスだがゲージ慣れしていて立つのがうまいメレンデスは容易に倒すことは困難。それでも執拗に仕掛け嫌になるくらい組みに持っていくことが必要。スタミナではメレンデスだと思うが寝かせられるという優位な心理状況ならば未踏の5Rも耐えられると思う。スタンドでイーブンの状態を保ちテイクダウンで上回って判定勝ちが一番可能性としてあり得る。


五味や青木のように派手に際立った部分はないが全体的に見て穴は少なく倒せる打撃もあるのが川尻。そして何より鉄壁のテイクダウン防御は全階級見渡しても世界トップクラスで外国人相手にテイクダウンを諦めさせる強みは非常に大きなイニシアチブである。


地味ではあるが鍛え抜いた腰の強さと寝かされない技術をこの大舞台で発揮してほしい。正真正銘のラストチャンスだ。
スポンサーサイト


Comments

ご無事ですか?

心配してます。

Leave a Comment


Body

プロフィール

まれー

Author:まれー
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。