まれーの書き留め

格闘技や趣味について、ただつらつらと・・・

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日決戦

お久しぶりです。大晦日のカードの一部が発表。いいカードですね。

高谷VSリオン

先にリオンVS川尻やっちゃうかな、と思ってたからうれしい誤算。

ともにリスキーなストライカー。パンチをもらうことも倒れることもあるけど倒せる打撃の持ち主。

一見ひ弱そうに見えるけど過去KO負けのないリオン。頑丈そうに見えるけど顎が脆く倒れる回数が多い高谷。ここが明暗をわけるかと思ってます。

修斗のライト(他団体ではフェザー)級において倒されずに打撃で倒すスタイルの先駆者だった二人。もっと早く実現してもおかしくないカードでしたがお互いスタイルが完成したと言っていい熟年期。やってる本人達は一方的に勝ちたいだろうけど、この二人なら倒し倒されの壮絶な打ち合いがみたいです。

川尻VS宮田

これもいいタイミングのカード。日本人全階級見渡してもフィジカル面で1・2を争う両者の激突。次期挑戦者決定戦とみて間違いない。

川尻ファンとして厄介な相手だと思う。過去の対戦相手で最強の相手ではないし実力的にはシャオリン、ブスカペ、トムソン、JZらのほうが強敵だったと思う。ただ単純なフィジカル・身体能力という2つの面では宮田は彼らを上回っているはず。加えて日本人であるというムキになってしまう要素が気になる。

オリンピックレスラーだからといってテイクダウンの攻防で負けるとは思わないしグラウンド技術、特に寝かし続ける力は川尻が上なのは間違いない。
ただまだフェザー2戦目の川尻はスタミナ配分や減量面でのマイナス要素を消化しきれていないと思う。下手にフェザーになったから新しいスタイルの構築とか考えずスタンドでしっかり渡り合って流れでテイクダウン→ポジションとってパウンドを完遂しきる意識が大切かと。

フェザーでの宮田の躍進の理由のひとつはスタミナの分配がわかってきたことと力の使いどころが巧くなったことと感じる。以前は自分を瞬発系と決めつけて序盤からタックルもフットワークも全力投球という感じだった。ハンセンやシャオリンとやった頃はまさに顕著で序盤はスピードまかせにテイクダウン取れるが下からもうまい彼らに凌がれると一旦息が上がる中盤手前に捕まりグラウンド技術の拙さを突かれ流れるように一本取られる感じだった。

フェザーに落としてからは適正体重ということもあるが、抑える場面を理解したことが飛躍した理由に思える。打撃の距離感がわかってきて自分から仕掛けなくても自然と距離が詰まったところで組めば充分倒せることがわかり上からしっかり抑え込む時間が作れることでスタミナも無理に消費しなくなった。余裕ができたともいえる。

持久戦になると予想するのでダメージより肉体の疲労をいかに抑えられるかが両者、鍵になるでしょう。
青木VS北岡

戦極時代の北岡の神がかった一本勝ちはヨーイドン!の闘い方を寝技スタイルに当てはめた感じで、すでに本人はこれを封印している。

その後の北岡は安定はしているがかつてのいつ極めに持ってくるかわからない怖さはなくなった。それがないとテイクダウン、グラウンド技術、極めの強さと北岡が得意としている部分はすべて青木に上回れているので厳しい試合になりそう。恐らく普通にやったら勝てないのは本人も承知なんでこの日ばかりは以前のスタートダッシュを解禁するかもしれないが普段から手の内がわかっているだけに成功する可能性は低いと考える。

寝技師同士の対戦では図らずも打撃戦というケースは多々ある。この試合もそうなるんじゃないですかね。青木は現在特に修練しているムエタイをもっと実戦で試したいだろうし。

最初から最後まで打撃戦がメインの闘いになり、中間距離からのミドルの手数の差で青木が判定勝ちすると思います。ちょっとだけ期待するのは一回でもグラウンドの展開があったら共にレベルが高いだけにどんな動きを見せるのか、ということ。でもたぶんワンサイドの動きの少ない試合になるんじゃないかな?
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

まれー

Author:まれー
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。