まれーの書き留め

格闘技や趣味について、ただつらつらと・・・

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレイバック2005年修斗・横浜文体

この大会観戦を決めたことで定期的な観戦がスタートしたことになります。とにかく暑かった!8月の関東の猛暑ぶりは想像以上でちょっと買い物でもしようとしても耐えられず、何度もネットカフェに飛び込みました。

さて大会のほうですが修斗の主力階級がウェルターからライト以下に以降し始めた雰囲気を感じました。
当初予定されていたカードからややスケールダウンした感がありましたが、内容的には修斗らしいサバイバルが展開。

印象に残った試合はカルバーリョVSリオン。カルバーリョは専門誌やネットで少し注目されてて未知強として待望の参戦。噂通りというか想像以上にそつがない選手でした。フィジカル・身体能力ありきの闘いじゃなく、きめ細かい攻防を考えた闘い。加えて頻繁にアタックを仕掛けハイキックなどリスクのある技も仕掛けるアグレッシブさが目につくいい選手。後に日本に定期参戦する優良外人のスタートでした。

しかしそれ以上に驚かされたのがリオンの健闘ぶり。前年に新人王MVPを獲得したが僕は正直遠藤やBJらのほうがのびしろがあるように見えたし、わりと危うい場面を見せる選手だったのであまり期待値は高くありませんでした。
ところが期待通りの動きを見せるカルバーリョに対ししっかり渡り合うリオンを見て印象が大きく変わりました。スタンド戦でぐらつく場面もあるものの逆にあわやの場面を作るほどストレートがよく入り、テイクダウンの攻防の上手さでやられましたが、最激戦区ライトの中においても面白い存在になる雰囲気を感じさせました。

これから1年おかずに世界王者になるわけですがその片鱗を見せた試合でした。

他にはメレンデスが環太平洋王者ルミナをカットで秒殺。マッハが久々の参戦で青木に辛勝。石田君が中蔵を封殺、ハンセンが富樫に貫禄勝ちなど、この後PRIDE武士道で活躍する選手が多く顔を揃えました。

そういえばこの大会から選手との写真をとりはじめました。川尻、五味、シールズらとなかなか豪華なメンバーと撮ってもらった中、印象に残るのはハンセン。試合後、そろそろホテルに帰って居酒屋で一杯やるかと歩き始めたら数人の色白の外国人が。もしやと近づくとその中にハンセンが!大ファンなんで興奮そのままに「ハンセン!ハンセン!」と呼び止め、快く笑顔で答えてくれたハンセン。ウェルターでは細身に見える体も肩を組むとその筋肉の盛り上がりがすさまじく、ガッチリしているのがわかりました。やっぱりファイターの体って違うな、と。あと当時公表ではハンセンの身長は175㎝。ところが並ぶと私と同じ身長のはずのハンセンは頭ひとつ抜けた大きさ。確実に180㎝はある。わざわざ小さく申告しなくても(笑)。
帰りに居酒屋寄って飲んだビールが凄く旨かったのを覚えてます。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

まれー

Author:まれー
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。