まれーの書き留め

格闘技や趣味について、ただつらつらと・・・

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年!

謹賀新年!久々ながら今年もよろしくお願いいたします。昨年末のUFC。メインカードはミドル級のサバイバル中心に、セミに今年外れなしのライトのローゾンVSミラー。最後にベビー級タイトルマッチというラインナップ。

まずは岡見が勝ってくれてホッとしたー。ちょっと意味不明なブレイクが2度もあったけど内容的には自分の形、スタンドで詰めて金網際でテイクダウン→パスが出来てました。もっと手数が欲しかったけどね。ちょっと安全策が過ぎたかなと。最近の判定傾向はテイクダウンしてもパウンドが少ないとポイントくれないし下手したら守ってるように取られてしまうから気が気じゃない。ただいくらなんでもサイド取っててブレイクはない。あまりにグラウンドの判断が機械的。それでもさすがは岡見。スタンドで危ない場面があった直後には必ず得意のワンツーで詰めてテイクダウンまでもっていくなど勝負どころがわかっている。常にアウェイで自分の形に持ち込めるのだから別格ですね。

ベルチャーはいつも積極的に自分から仕掛けて試合を作りにいくいい選手なんだけど、悪い意味でも動き過ぎというか。最悪下になってもいい大胆な踏み込みするから、岡見みたいに上取ってキープが巧みな選手には結構助かる動きなんですよね。オールラウンドに出来るけどスペシャルな部分はないから仕掛けては潰されの繰り返しをされると、傍目には墓穴掘ってるようにも見える。トップキープが得意な岡見にギロチン仕掛けた所なんか特に。ラバーガードも悪くないけど仮に成功したとしてもグラウンドのポジショニング争いでは相手に上回られているのはわかっているのだから得策とはいえない。
もっている技術をなんでも出すんじゃなく冷静に相手なりに引き出しを使い分けないとこれより上にはいきづらい感じがします。

さて連勝で再び上位戦線に復帰と見ていい岡見の次戦ですが僕はロンバートあたりが面白い感じがします。SF王者として参戦し、UFCデビュー戦ではきしくも岡見を破ったボッシュに僅差で敗れましたが、前回は汚名返上とばかりに豪快なKO勝ちでその力をみせつけました。ハードパンチャーで腰も重いロンバートは次期挑戦者候補の一角。上位再浮上には避けては通れないと思いますね。
続きは後で。今年はもっと書きます。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

まれー

Author:まれー
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。