まれーの書き留め

格闘技や趣味について、ただつらつらと・・・

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UFCJAPAN感想その2

五味VSサンチェス

五味は現在できる動きはやりきった感じはする。テイクダウンに反応できるスタンス・距離で慎重だけどできるだけ手数も出したし、ダメージを感じるクリーンヒットも上回っていたように見えた。あの内容なら勝ったかな、と思ったが・・・。サンチェスは以前とだいぶ変わった印象。寝技にこだわるスタイルは捨ててしまったんですね。最後印象に残るラッシュ行ったのはうまかったけど。ちょっとお互い期待はずれの内容。

岡見VSロンバート

1、2Rは岡見らしいうまさがでましたね。瞬発力のあるロンバートに距離をうまく使ってラッシュを許さず、2Rにはテイクダウンからしっかり攻めた。
ただし3Rの危うさも健在。一発があるパワーファイターが相手になると捌き方も上手な反面、一発もらうとガタガタと崩れる脆さも見られる。得意なのか苦手なのかよくわからない(笑)。スプリットとはいえ二者が前半2Rをコントロールしたと判断したのだから、ゲームコントロールの上手さ、それを可能にするフィジカルの強さ・テクニックはやはり日本人としてズバ抜けている。それがあまり伝わりづらいところが戦績に見合うほど世間の評価に繋がらない、つらいところ。
ロンバート、最終Rのラッシングはらしさがでたが、本人もそこまでポイントを取られていた意識があっただろうから仕留められなければ負けという状況だった。いつもながら1Rに一気にもっていければ圧倒、そうでなければもたつく、難点はUFCで生き抜くには厳しい。自分の持ち味を活かすロンバートと相手の持ち味を消す岡見、という両者のスタイルの違いが僅差ながらはっきりでた印象。

廣田VSヤヒーラ

正直ここまで廣田がやらせてもらえないとは思わなかった。彼の国内での実績を考えると歯痒い内容であり、反面日本のトップ選手であっても技術体系がガラパゴス化してるなと感じる。
寝技・テイクダウンに対する打撃主体の選手の対応がすでに不完全になっているのだろう。テイクダウンされても完全に背中をつけることは少なくなったが、その分立つ動きしかできないから読まれ、立ってもまたテイクダウンの体勢から始まりまた倒される。その繰り返し。大きなダメージはなくともあれだけ寝かされ続ければ制圧されてると見なされる。テイクダウンをブロックした際に逆に上を取る動きがないから延々とやられてしまう。グラウンドで上を取れるならしっかり取る、脱出する際もスイープして優位なポジションを奪う動き・意識がないとUFCでは勝てない。もっといえば、たしかにヤヒーラは寝技巧者だけど減量すればバンタムでもやれる選手に元々ライト級の選手があれだけ押し込まれるということは相当に技術差があるということ。根本的に見直さないと早々にリリースされるだろう。

厳しい評価ばかりになったけど場面場面ではやれる力があると感じるだけに悔しいという裏返し。
打撃を磨く為に寝技を省略するのではなく、打撃を活かす為に寝技を磨いてほしいと感じる試合内容だった。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

まれー

Author:まれー
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。